豚プラセンタとバラプラセンタの違い

プラセンタというのは胎盤より抽出される成分で、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長するために必要とされる栄養成分を胎盤から吸収するという成長のメカニズムに着目した結果、プラセンタという細胞の再生能力のある成分が発見されました。

現在では、プラセンタは万能薬として医療分野や美容分野、サプリメントやスキンケア商品など幅広い分野で需要があります。さて、プラセンタには動物性と植物性のものがあります。

動物性のプラセンタには、人由来のものや羊、豚プラセンタが代表的であります。豚プラセンタは安全性の高さから、スキンケア商品やサプリメントといった分野にて使用されています。

ヒトプラセンタは安全性の観点から、医療分野でのみ仕様が認められており、ヒトプラセンタの注射の治療を受けた人の場合には、輸血が禁止されているといった状況であります。

さて、気になるのが豚プラセンタとバラプラセンタの違いについてですが、一般的には動物性か、植物性かといった大きな違いがあります。

豚プラセンタの場合、生産量が多くまた安全性が高いことから安価な商品に使用されるケースが多いのが特徴です。豚プラセンタはバラプラセンタに比べると希少性がなく、また効果が低いと言われています。

他方、バラプラセンタの場合は、なんといっても希少性が高く、安全性が高いという点にあります。バラプラセンタは、効果なスキンケア商品やサプリメントに使用されている状況です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ